外国人観光客集客プラン台湾人・中国人観光客向けプロモーションに強い!訪日観光インバウンド対策で売上アップするならパーフェクト インバウンド

インバウンド対策訪日外国人集客の失敗するパターン

  • HOME »
  • インバウンド対策訪日外国人集客の失敗するパターン

インバウンド対策の失敗するパターン

円安・消費税免税・格安航空便の増加・政府のアピールなどで訪日外国人は確実に増加しています。そうした流れを生かして売上アップのチャンスをつかみたいと考えている方も少なくありません。当方の経験からインバウンド対策で失敗するパターンを7つ紹介します。
1.ターゲットが絞れていない
2.日本語ただ翻訳しただけのWebサイト
3.リスティング広告やSEOでアクセス数を増やすだけの対策
4.情報を発信していない
5.中国のインターネット事情を把握していない
6.リピータ対策をしていない
7.Google翻訳でHP作成

1.ターゲットが絞れていない

sekaichizuとにかく外国人ということだけを考えて、あらゆる国に対応しようとしターゲットが絞れていないケースが多々あります。自社の情報を発信するために、英語、中国語、フランス語、ドイツ語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語などなど様々な言語に翻訳しWebサイトを構築しようとしているケースです。そのような場合、言語数は多くなりますが、情報の中身が薄くなり、本当に伝えたいことが伝わらない結果になってしまいがちです。また、それほど多くの言語のWebサイトを維持・管理するのも容易ではありません。

当方がお勧めするのは、外国人観光客の約半数をしめる中華圏の3つの国、中国・台湾・香港向けに、さらに英語で英語圏の国々(公用語・準公用語の国を含む)にターゲットを明確にし集客することです。

2.日本語をただ翻訳しただけのWebサイト

kaisya1
翻訳会社に依頼し、日本語をただ外国語に翻訳しただけのWebサイトでは外国人を集客するのは効果がかなり限られます。なぜなら翻訳会社は翻訳の正確さは求めますが、本当に意味を伝えられるかは別問題だからです。翻訳作業以上のことは提供できません。また翻訳者によっても翻訳の質にかなりのばらつきがあります。大切なのは自社のサービスや商品のメッセージや「良さ」「味」「喜び」「楽しさ」「品質」が伝わるようにしなければ、行ってみようと人を動かすことはできません。

パーフェクトインバウンドでは専属のネイティブ翻訳者による翻訳とブログ向けの編集・アレンジを行っておりますので、情報の正確さだけではなく、心を動かしお客様にとって魅力的に感じるように情報を発信することができます。また、発信メディアとしてブログを用いることにより、言葉だけによらず、たくさんの写真によっても御社の良さを伝えることができます。

3.リスティング広告やSEOでアクセス数を増やすだけの対策

up
アクセス数が増えればお客さんが増えると考えている経営者は少なくありません。しかし、アクセス数=集客数ではありません。Webサイトへの訪問客が心を動かされて初めて売り上げにつながります。海外リスティング広告や、海外SEO対策をしている会社に依頼するだけでは売り上げに結び付けることができないのは明らかです。ホームページのアクセス数の対策を行う前に外国人の心をつかむホームページに変更することが大切です。

パーフェクトインバウンドではブログでお客様の興味を引き付け、公式サイトに誘導することでさらに信頼度を高めることができる方法を採用しています。ブログ、Webサイト作成やSEO対策サービスも提供していますので、より多くのアクセスを得つつ、さらに効果的なインバウンドマーケティングを行うことができます。

4.情報を発信していない

外国人客集客において一番大きな問題となるとは情報をインターネットで発信していないというケースでしょう。お店側としては外国語の看板などを作成し集客しようとしても事前に情報を発信していなければ外国人客対策の大きな障害となってしまいます。なぜなら、日本政府観光局の調査によると日本に来る外国人観光客のうち約90%以上の人ががホテルや無料Wifi、スマートフォンのネットワークなどの手段で日本滞在中にインターネットを利用しています。しかもインターネットの使用目的としてブログ、フェイスブックなどSNSにアクセスするためとネットを通して旅行先の情報を調べることが定着しています。

5.中国のインターネット事情を把握していない

外国人観光客の中でも増加率の高い中国人の対策としてホームページやブログを中国語に翻訳して発信することが考えられます。その点で注意すべき点として中国では海外のSNSのアクセスに制限がかかっているという点です。具体的にはYoutube、Facebook、Twitter、LINEが使えない(アクセスすらできません)だけでなく、Googleも使用することができません。つまり日本の方法でSEOの対策などをしても通用しないだけでなく、そもそもアクセスを得ることすらできない場合があります。そこで、中国現地で使われているSNSツールやブログサイトを利用することが必要になってきます。

パーフェクトインバウンドでは中国国内で人気のあるブログサイトにアカウントを開設することでより効果的に情報を発信することができます。

6.リピータ対策をしていない

外国人観光客は一度きりの来客と考えてリピータ対策をしないのは大きな間違いです。台湾人は日本旅行が大好き、日本旅行のリピータも多数います。台湾の人口2300万人に対し、訪日旅行者数が2014年には2,829,800人となっています。現在、私は台湾にいますが、周囲の友人も日本に複数回行ったことのある人が多数います。しかもLCC格安航空便の増便により、ちょっとお小遣いがたまったから日本に遊びにいってこようという感覚の人がたくさんいます。例えば台北-関空のLCC便では片道日本円で5,000円程度でチケットが購入できます。多くの外国人がより気軽に日本に旅行できる環境になってきています。台湾人だけでなく他の国からの観光客も日本旅行のリピータが増加しています。中国人観光客はブランド品や電化製品、化粧品などの買い物目的で旅行に来ているケースもあります。そうした人たちも当然リピータになる可能性は十分あります。

そこで日本人のお客さん同様にお客様に満足のしていただけるサービスを提供することはリピータを得る上で非常に大切になってきます。中国人と台湾人観光客の90%は観光地、レストランやホテル日本で買ったお土産など情報を自分のSNS等にアップするという調査データもあります。本当に満足してもらい、SNSなどを通して情報が自然に発信されることで、旅行者の家族や知人に知られるだけでなく、貴重な口コミとなりさらなる集客へとつながります。

リピータ対策でもう一つ忘れてはならないのはECサイトの外国語版の作成をと商品の海外への発送に対応することです。また、海外のECサイトに出店することも検討できます。旅行先で知った商品に満足していただいた外国人のお客様にECサイト案内のパンフレットを差し上げることで、帰国後に本人や友人、家族からネットを通しての購入をも期待することができます。そうすることで、訪日客だけにアピールするだけでなく世界中の人々に御社の商品やサービスを利用していただく機会が開けます。

7.Google翻訳でHPを作成

大手の企業様でもGoogle翻訳を使用し、多言語のHPを作成しているケースが見受けられます。Google翻訳ではある程度の参考にはできますが、人間による翻訳とは非常に大きな差があります。自動翻訳の技術が進歩しているとはいえ、機械翻訳でHPを作成するなら、ユーザにとって分かりにくく、信頼を失う可能性もあります。

お問い合わせはお気軽に TEL 050-5539-6500 電話受付時間12:00-17:30 [ 土・日・祝除く ]

PAGETOP
Copyright © 2018 パーフェクト インバウンド All Rights Reserved.